ガブリと噛まれれば病気になる可能性|アライグマが侵入する前に駆除

一軒家

季節ごとの駆除方法

悩んでいる女性

害虫駆除は季節によって効率の良い方法が違ってくるので、その時期にあった害虫駆除を行ないましょう。春の季節はまだ肌寒いため、ゴキブリなどの害虫は活発に動きまわることはなく隅のほうに生息しています。多くの害虫は夏になると活動しだすので春は見かけることは少ないはずです。隅に潜んでいる害虫を駆除するには、燻煙剤を使用して家の中に潜んでいる害虫を駆除するか追い出してください。そうすれば一匹ずつ殺虫剤を噴霧する手間を省くことができます。ですが、ゴキブリの卵の殻は硬いので燻煙剤で駆除することはできません。梅雨と夏の時期は害虫の数が一気に増えます。ゴキブリは気温が25度以上になると活発に繁殖をしますし、ヒョウヒダニは20度を超えた辺りで発育が活発になるといわれています。春に駆除できなかった害虫たちが、大量に増える時期ですからまとめて害虫駆除を行ないましょう。この時期にはキッチンや風呂場などの水回りや、タンスや冷蔵庫などの裏側にゴキブリが潜んでいるのでそこに設置タイプの殺虫剤や毒エサを仕掛けてください。ダニも布団やマットなどの寝具に生息していますので、定期的に洗濯をして外に干せば駆除することができます。ただ害虫駆除をするだけではなく、今後害虫が繁殖、発育しないためにも定期的に室内を掃除するのが一番です。キッチンの三角コーナーに入っている生ゴミをそのままにしていると、ゴキブリが集まってきますのですぐにゴミ袋に捨てるようにしましょう。ダニなどの小さい害虫は、畳のすき間やソファの間に潜んでいるので掃除機で吸い出してください。秋から冬にかけては少しずつ気温が下がっていくため、動き回ることも少なくなっていきます。この時期は殺虫剤を使用する機会も減るでしょうから、燻製剤だけでも確実に害虫駆除をすることができます。